サイトマップ 問い合わせ English

 防衛医科大学校
 分子生体制御学講座
 Department of Integrative Physiology and Bio-Nano Medicine,
 National Defense Medical College

 防衛医大・分子生体制御学講座の公式ウェブサイトです。
 Official website for Dept. Integrative Physiol. Bio-Nano Med., Natl. Defense Med. Col.



















関連部活動の紹介

<MM研>

分子医学研究部ことMM研(Molecular Medicine)は松尾洋孝先生(防衛医大16期)を指導者として、分子生物学や遺伝学、生命情報学、神経科学の最新の医学研究に触れながら、研究能力を養成することを目的とし、志のある学生のために創設された部活動です。

【活動内容】

主な活動としては1~2週に1回程度の勉強会、実験の見学と実践、学会への参加と発表が挙げられます。

勉強会では、学生による論文の精読や研究分野に関連する事項の学習などを行っています。例として過去に取り扱ったテーマをいくつか挙げます。

・論文「Common dysfunctional variants in ABCG2 are a major cause of early-onset gout. Sci. Rep. 3, 2014 (2013)」の精読

・PCR法とゲノムシークエンスについて

・トランスポーターについて

また、先生方による「論文の読み方のコツ」や「学会発表のポイント」の講義、最新の医学研究の内容の紹介なども行われています。これらの活動を通して、学生のうちから最新の医学研究に触れながら、論文の読み方や学会発表の要領などの研究において基礎となる力を養うことを目的としています。

勉強会に加えて、意欲ある学生は実験の様子を見学したり、実際に実験や結果の解析を行ったりしています。また、学会に参加し、学生のうちから学会発表を経験する部員もいます。やる気や積極性のある学生は大歓迎です。

【MM研の業績】

MM研には、学会にて代表者として発表をする学生、共著者として論文を発表する学生など優れた業績を数多く挙げている学生がいます。以下はMM研の最近の業績です。

  2015年2月6日 第60回防衛衛生学会にて小縣開(当時5年)が筆頭演者で発表

  2015年2月2日 雑誌“Annals of the Rheumatic Diseases”に共著者として寺重翔(当時6年)、小縣開(当時5年)、立川誠四郎(当時4年)が論文発表

  2014年1月27日 雑誌“Human Cell”に共著者として立川誠四郎(当時4年)、佐藤純輝(当時4年)が論文発表

  2013年8月31日 雑誌“Human Cell”に共著者として小縣開(当時4年)が論文発表

  2013年6月19日 雑誌“Scientific Reports”に共著者として小縣開(当時4年)が論文発表

  2013年6月16日 第8回トランスポーター研究会で加藤八重(当時5年)が筆頭演者で発表し、優秀発表賞を受賞

  2013年1月31日 第58回防衛衛生学会にて小縣開(当時3年)が筆頭演者で発表

  2012年6月10日 第7回トランスポーター研究会で内海由貴(当時5年)が筆頭演者で発表し、最優秀発表賞を受賞


【MM研の学生に求められること】

 ① やる気があること。

 ② 積極性があること。

 ③ time managementを上手く行い、時間を確保すること。

 以上の3つ満たす学生をMM研では求めています。